[CTime] 現在時刻を取得する

CTimeクラスより簡単に現在時刻を取得できます。

CTime cTime = CTime::GetCurrentTime();           // 現在時刻
CString str = cTime.Format("%Y/%m/%d %H:%M:%S");   // "YYYY/mm/dd HH:MM:SS"形式の時刻文字列を取得


Formatにより、さまざまな形式に対応できます。
フォーマットの指定は以下の項目があります。

CTime::Format一覧

年(下2桁) %y
年(4桁) %Y
月(10進) %m
月(正式名) %B
月(省略名) %b
日(10進) %d
時(24H) %H
時(12H) %I
分(10進) %M
秒(10進) %S
曜日(10進)
  日曜日が0
%w
曜日(正式名) %A
曜日(省略名) %a
ロケールに応じた日付と時間 %c
現在ロケールの日付表示 %x
現在ロケールの時刻表示 %X
現在のロケールのAM/PM %S
時間帯の名前 %z,%Z
年頭からの日数(001~366) %j
週の通し番号(00~53)
  日曜日が週の最初の日
%U
週の通し番号(00~53)
  月曜日が週の最初の日
%W

[ads1]

広告
カテゴリー: CTime タグ: , , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中